45歳転職5つの手順

45歳転職5つの手順

 40代半ばという年齢は、転職について言えば、決して有利とはならないでしょう。企業側も採用を慎重にならざるを得ない年代です。

 

 だからこそ転職の行い方や基本を今一度見直し、新たに取り入れられる部分は貪欲に自分のものとして転職活動を行わなければなりません。

 

 

転職の流れを知る

 転職は、その流れを知ることから始める必要があります。でもそれだけでは駄目。

 

 特に転職が厳しい年代の場合には、ちょっとやそっとのことではブレない「核」となるべきものを持っておく必要があります。譲れないもの、守りたいもの、将来の夢。こうしたものの中から自分だけの「核」を設定しましょう。

 

≫関連記事

 

 

求人情報の見分け方

 求人情報に年齢制限が設けられていることはあまりありません。少なくとも上限がある企業がかなり限られてくるでしょう。

 

 しかし、明らかに若い人材を求めている企業は存在しています。それらを選別できるかどうか、ここが勝負の分かれ目となるでしょう。

 

≫関連記事

 

 

応募書類の作成

 書きたいことは山ほどあるかもしれませんが、書き込めるスペースは限られています。あなたがやってきた事の中で、応募先に最も必要な情報、これを優先的に書き出すようにしましょう。

 

 もちろん、応募先が変われば履歴書や職務経歴書の内容も変わることになるのです。

 

≫関連記事

 

 

面接は見た目が重要

 「見た目」は、恐らくあなたが思っている以上に採用・不採用を左右します。「どんな質問がくるのか」、「それにどう答えようか」を考えることも大切ですが、それと同時にあまり年齢を感じさせない「見た目」、これも手に入れておきましょう。

 

≫関連記事

 

 

退職と入社準備

 転職活動に集中したいのであれば、会社を辞めてからの方がいいでしょう。

 

 無職になるのを避けたいのであれば働きながらでも構いませんが、その場合には退職時期の決定や引き継ぎなどを含めた準備・タイミングがとても難しくなります。転職準備と共に退職準備にも気合いを入れましょう。

 

≫関連記事

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 45歳転職5つの手順 おすすめ転職サイト