この注意点を守らずに面接後のお礼状を作成すると大変なことに…?

この注意点を守らずに面接後のお礼状を作成すると大変なことに…?

プラスアルファの役割

 

 知らなければならないこと、これを知らずに実行してしまうと、恥をかいたり相手に対して失礼になったりするので気をつけなければいけません。面接後にお礼状を出そうと考えている人もいると思いますが、お礼状の役割についても認識しておいてください。

 

 これは、あくまでも“プラスアルファ”の役割であるということ。つまり、履歴書・職務経歴書・面接などと比較すれば、採用になるための武器とはまずならないということです。

 

 お礼状は本当に小さなプラスアルファの役割のために存在し、出す側もそれを知った上で出さないと、正しい形でのお礼状にはならないことが多いので要注意です。

 

 

面接を思い出してもらうような内容

 

 プラスアルファの役割に過ぎなかったとしても、そこには気合を入れて、また、丁寧に書いていかなければいけません。お礼状には必ず、面接時のことを思い出してもらうような内容を、ほんの少しでいいので付け加えておいてください。

 

 同じ求人を見て応募してきた人は他にもいるはずです。面接官にとって、印象の薄い人はすぐに頭の中から消えがち。お礼状を読み、そこに面接時の具体的なエピソードなどが加えられていることで、「あ、あの応募者か」と思い出してもらうことができれば、それほどお礼状の役割が強くなることはないでしょう。

 

 プラスアルファの役割ではあるけれども、そのプラス具合をどれだけアップさせられるのか、ここが重要なポイントとなりそうです。

 

お礼状は即日投函で1通のみ

 

 どうしても転職したい、そう強く思えば思うほど独りよがりになり、相手のことを全く考えない行動に出てしまうのが人というものです。

 

 どんなに思いが強くなってしまったとしても、お礼状は即日投函で1通のみ、というルールを守ってください。面接が何次にもわたってある場合にはまた少し考え方が変わってくるかもしれませんが、基本は1通のみ。例えば、お礼状を送付した後、なかなか採否に関しての結果が届かないからといって、「お礼状は読んでいただけましたか」などと手紙やメールを書いて送るのはいけないということです。

 

 また、お礼状を出していない場合、採否の結果が届かないからといって、「やっぱりお礼状は出しておくべきだったか」などと思い、面接後数日経過してからお礼状を作成し送付するのもマナー的にはよくありません。

 

 

≫関連記事


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 45歳転職5つの手順 おすすめ転職サイト